そばやうどんはダメ!炭水化物は血糖値を上げる

糖尿病に悪い食べ物、メニュー、食材には特に気をつけましょう。

米、パン、うどんなどの炭水化物は要注意です。

糖尿病と診断されたら、出来るだけ早く治療を始める事が大切です。一番大切な事は、食べ物に気を付けることです。

食事療法は、薬物療法、運動療法と並ぶ大切で効果の大きい糖尿病の治療法の1つです。

血糖値が高いことで、体にさまざまな症状が現れるわけですから、糖尿病に悪い食べ物とは一言で言うと血糖値が上がりやすい食べ物ということになります。

炭水化物は消化されるとブドウ糖になり、血糖値を上げる原因となるのです。

【注目】シナモンは糖尿病に効く最強サプリメント。血糖値を劇的に下げる効果が有ります。

消化されるスピードは食品によって異なりますが、速さを示すものとしてグリセミック・インデックスがあります。一般的にはGI値と呼ばれているものです。

GI値が高いものは、急速に血糖値が上がりますので、糖尿病の人は避けた方がよいのです。

GI値が特に高いのは精製された炭水化物です。

つまり、白米、精製された小麦粉で作られたパン、うどんなどで、これらはできるだけ食べるのを避けた方がいいです。

特に会社勤めの人は、昼食をコンビニエンスストアで済ませる場合も多いでしょうが、手軽だからという理由で菓子パンやおにぎりを何個も食べてしまうと血糖値が上がってしまいます。

糖尿病の人は、コンビニエンスストアで食事を済ませる時にも最新の注意が必要です。

ご飯がメインの丼物やうどんなどのお弁当はできる限り避けてください。

カロリーや糖分の多い食材も避ける

そば、うどん、パスタなど炭水化物が多く含まれている食品の代わりに野菜やたんぱく質が多いものを選びましょう。

パンを食べるときには、サラダやヨーグルトなどを一緒にとるのがお勧め。

その際、サラダにはできればドレッシングをかけないようにするとより良いです。

また、飲み物も糖分が多く含まれている清涼飲料水は止めて、水やお茶を飲むようにしましょう。

糖尿病にかかると医師から適性カロリーの指導がありますが、脂質の多いものや、カロリーの高いものは避けた方がよいのです。

【注目】シナモンは糖尿病に効く最強サプリメント。血糖値を劇的に下げる効果が有ります。

最近では、コンビニエンスストアに売られている商品には大抵カロリーが記載されていますので、心に留めておくようにしてください。

食事には気を付けていても、盲点となっていて知らないうちにカロリーオーバーになりがちなのが間食です。

特に、スイーツやチーズケーキなどは、小さなものでもカロリーが高いことが多く、甘党の人にはつらいですが、出来る限り避けなければならない食べ物です。。

間食がどうしても食べたいというのであれば、寒天ゼリーなどの低カロリーのものを選ぶようにしましょう。